スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不思議に思うこと

今日の内容は、意見が分かれるところに踏み込んでます。
でも、これは間違いだ!とか、アロマはこうあるべきだ!と主張するつもりは全くありません。
ただ普段からひっかかってたことをつづっただけです。これに対してご意見を必要ともしていませんので、あしからずドキドキ不快に思う方はどうぞブラウザバックしてください走る人
(と、予防線を張っておく)



今、日本には多くのアロマテラピー団体がありますが、はなはその中でAEAJ(日本アロマ環境協会)のアロマテラピーを勉強しました。
最初は検定1級から始まり、アロマテラピーインストラクターとアロマセラピストの資格まで。
これらは国家資格ではなく、民間資格です。
ここでは、現在の日本におけるアロマテラピーとアロマセラピストの立ち位置も学びました。

アロマテラピー先進国のフランスでは、精油を医師の処方のもと内服する療法もあるそうです(いわゆるメディカルアロマです)。
日本でアロマテラピーというと主にイギリス式を指し(正確にはアロマセラピーと呼ぶべきでしょうか)、こちらはトリートメントでリラクゼーションを目的とした自然療法です。
何となくふたつの違い、おわかりいただけますか?


精油は、植物の成分が100倍ちかく濃縮されたものです。精油にはさまざまな薬理作用があり、ホルモン様の働きをしたり、血圧に影響するものもあります。一歩間違えると体に変調をきたすものも。そのため、体に使用する際はまず濃度に気を付けないといけません。
AEAJでは1%濃度が基準とされ、計算式は必ず試験に出るほどです。つまり安全性を重視しているのです。



ここからが気になる点なんですが、日本でも特に医師の指示なく“飲んでも大丈夫”な高品質の精油を個人で入手して経口摂取するケースがあるようです。
全て自己責任です。とはいえ、もし何か異状があっても後悔しませんか?
病院に行って原因を聞かれたら、何と答えますか?

場合によっては、あの人に大丈夫と言われたから…ってなりませんか?
消費者の立場としてでなく、アロマを提供する側としては安易に勧めるのは躊躇します。
精油を売る側が、「うちの精油はメディカルレベルで飲めるほど高品質だけど、必ずしも飲用をおすすめしません」としているのを、「この精油、飲んでも問題ないんだって!」と受け取っているケースもあるのではないかと不安になります。


__ 1.JPG__ 1.JPG
わんわん「不安になるの?」


はなが気になるのは、精油を飲む人たちの「フランスじゃ精油の経口摂取なんてもう当たり前のことだし、ちょっとなら大丈夫だよ。日本のアロマは慎重すぎ」という理屈です。
言葉にすると簡単だけど、フランスで処方してるのはたくさん勉強して、臨床経験を積んだ医師なんですよね汗その人たちと同じ勉強をして資格を持ってる人が言うならいいと思います。(例えば病院でお医者さんがメディカルアロマを取り入れているとか)
それに実際のメディカルアロマの普及率もいかほどか、フランスに住んだことがないので私にはわかりません。

個人的に、たとえ少量でも日常的に飲むのは胃壁を傷つけそうで…(はなは胃が若干弱い)。そもそも精油っておいしそうですか?汗
ハーブティーじゃだめ?←即効性はありませんがゆっくり体内を巡って効果が得られます
どうしても飲みたいならハーブチンキ(エタノールではなく蒸留酒で漬けたもの)を薄めて飲むという方法もあるけど…



アロマセラピストはドクターではなくセラピストなので、クライアントの安全に対して慎重になるのは当然です。クライアントの身体について、お医者さんほどの知識はないのですから。
もちろん解剖生理学をはじめとする諸々の勉強はしますが、トリートメントを行う上で必要な知識としてです。
セラピストがクライアントを診断すると医師法に抵触することと、精油は雑貨として扱われるということからアロマは医療ではないという線引きがなされています。



__ 2.JPG__ 2.JPG
でれ~ん…わんわん「もう誰も読んでね~よ…」

はなは、もともと香りが好きでした。いい香りを嗅ぐと幸せな気持ちになれます。肩こり持ちなので、アロマトリートメントをしてもらうと至福のひとときを味わうことができます。
私にとってのアロマテラピーはまさにこれでした。イギリス式の、香りを楽しむアロマセラピー。AEAJはイギリス式です。
ですから、うちのサロンにいらしたお客様に提供できるのは、医療行為ではなくリラクゼーションということになります。

(余談ですが、AEAJやその他のアロマ関連の団体で学べるインストラクターやセラピスト等の知識は、プロのアロマセラピストにとって“基本のキ”だと思っています。ここが出発点で、これらの勉強すらしていない人がいくらアロマセラピーを説いたところで、眉唾だというある程度の判断基準になるのではないでしょうか)




さて、日本にもフランス式アロマテラピー(メディカルアロマ)を学べるスクールはすでにあり、そちらに精通したセラピストさんもいます。また、医療の分野に正しくアロマを応用する活動をしている団体もあります。
私自身、セラピストを長く続けていけばいずれはメディカルアロマも勉強する必要が出てくると思っています。
まだまだ知らないことがたくさんあるし、実は興味があるんです。難しそうだけどあせる


長々と書き連ねてしまった…
ほら、ワタシ、根がマジメだから(笑)
ヒマなやつだと鼻で笑ってやってくださいにひひ
ここまで読んでくださってありがとうございました。


__.JPG
わんわん「ふん…(鼻で笑う)」
にほんブログ村 美容ブログ アロマサロンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

エフルラージュ

エフルラージュとは、アロマトリートメントの専門用語で“軽擦法”と訳されます。文字通り皮膚を軽い圧で撫でさする手技のことです。手全体をクライアントの肌に密着させて行います。

トリートメントの最初と最後に必ず入れ、手技と手技のあいだにも随時入れます。
体験するとわかりますが、これをすることでかなりリラックスできますクローバー丁寧に反復して撫でられると、精神的に落ち着きますし、心身が緩むんです。


心が緩むのは神経系の昂ぶりを静め、自律神経のバランスを整えるということですから、内臓の機能が改善されます。

体が緩むのは筋肉の緊張がほぐれるということですから、血流がよくなり、細胞へ栄養が行き届くようにもなります。

血流がよくなると皮膚の新陳代謝を促します。古い角質が優しくはがれ、くすみが改善できます。さらに汗腺・皮脂腺の働きもスムーズになり、お肌に潤いと弾力をもたらしますニコニコ

まるでしりとりのようですが、エフルラージュひとつとってもこんなにいいことがあるんですよラブラブ
さらにさらに、トリートメントは様々な手技を組み合わせ、精油の作用が加わることもお忘れなく!精油を使用することは他のセラピーやマッサージにはない、アロマだけの特色ですから音譜



上記のような小難しいことは抜きにしても、ヨシヨシとなでなでされるだけで人は心が落ち着くもの。特に健康志向じゃなくてもいいし、ただ気持ちいいことが好きなだけでもいいじゃないですかニコニコ

また、いつも人のことを支えてばかりで、自分の支えがない!という方にも、アロマはうってつけだと思います。フィジカル面だけでなくメンタル面でも、優しい植物の恵みとセラピストの温かい手が慰めてくれますよ。

貴女にとってひそかな隠れ家となるサロンを見つけることをおすすめします音譜
んっ!?エフルラージュの話から飛躍してしまった…汗

__.JPG

にほんブログ村 美容ブログ アロマサロンへ
にほんブログ村

猛暑にそなえて

九州は梅雨も明け、セミの声が聞こえ始めました。
本格的な夏の到来です。猛暑です晴れ
最近は節電でオフィスや街中などでは冷房が控えめかな?と感じます。
しかし、外気温が上がりすぎるとやっぱりバテ気味になりますよねあせる


いきなり神経系の話ですが、自律神経は興奮させる交感神経と鎮静させる副交感神経がバランスを取り合って成り立っています。偏りそうになると、どちらかが優位にたって正常な状態に戻そうとしているのです。
夏バテとは、主に外と室内の気温の差に、体温を調節する自律神経中枢の働きがついていけなくなった状態です。

この自律神経、がんばって働くと燃えカスのごとき活性酸素(サビのようなもの)が発生します。
サビがつくと、自律神経中枢の機能は当然鈍くなります。


サビつかないようにするには、疲れやストレスを癒し、適度な運動をし、ビタミンCやクエン酸を摂取するのがいいと言われます。

・疲れやストレスを癒し→だって忙しすぎて無理!
お風呂をぬるめの温度に設定しましょう。あとはぼ~っと浸かってるだけでOK

・適度な運動をし→でも暑いと動くのもイヤ!
ストレッチだけでもOK

・ビタミンCやクエン酸を摂取する→どーやって?おいしくないもん食べたくない!
生活の木のおいしいハーブティー「ローズヒップC」がおすすめです。




自律神経調整作用がある精油は
サイプレス、クラリセージ、ネロリ、ジュニパー、
ゼラニウム、スイートバジル、プチグレン、マージョラム、
マンダリン、ラベンダー、ローズマリーベルベノン
などです。

もちろん、アロマトリートメントもおすすめです!音譜
あなたの夏バテを癒したくてたまらないセラピストが、サロンで待ち受けてますよ~ドキドキ(こわい)



にほんブログ村 美容ブログ アロマサロンへ
にほんブログ村

お勉強

__ 1.JPG__ 1.JPG
筥崎宮前にて。なぜここにいるのか、それは…



__ 2.JPG__ 2.JPG
aloha relax磯部さんの「高齢者のためのむくみケア」講座を受けるためです音譜


きっかけは、年に数回しか会う機会のなかった大分の祖母(86歳)が足に少しむくみがあり、アロマトリートメントでケアしてあげられたらな~というところからでした。
今年のお正月に福岡の我が家に泊まりにきた際ハンドトリートメントはしてあげられたのですが、足が弱ってきていることが気になって…
ハンドトリートメントでさえ、触った感触が若い人と違うのでおそるおそるでしたあせる
これはきちんと習いたいなあと思っていたらブログで磯部さんの講座を知り、やっと今日お会いできました!



ロミロミが専門なので、サロンのイメージもハワイアン。
至る所にモンステラやプルメリア、ハワイを連想させるオブジェがありました。
そして猫の福ちゃんも、顔を見せに来てくれたんですよ(笑)
オーナーの磯部さんのお人柄のように明るく和やかなサロンですドキドキ


介護の現場で働いていた磯部さん。経験に裏付けされた、わかりやすくも楽しいレクチャーでしたニコニコ
単に手技だけにとどまらず、実際のエピソードや、準備する道具まで…いろいろ工夫されてるんだと感心しました。

私はサロネーゼさんをたずねると、つい本筋(今日の場合はマッサージ)からそれたことも質問してしまうんですが、丁寧に教えてくれ、本当にありがたかったですキラキラ


これから先ボランティアなどでこのマッサージを活用することもあるでしょう。
講座の最後に、「わからないことがあったらメールください。一生サポートします!」
と、頼もしいお言葉をいただきましたアップ心強いです!


磯部さんありがとうございました!これからもよろしくお願いしますブーケ2




__.JPG
ワ~イ音譜


にほんブログ村 美容ブログ アロマサロンへ
にほんブログ村

ホットストーン日和

曇り空でしたが暑くもなく、風が吹いて涼しいくらいのお天気。
そんなホットストーン日和の今日、お客様がいらっしゃいました音譜
先日、荷物を肩からかけて長時間歩かれたとのことで、肩に疲れがたまっていらっしゃいましたあせる


ブレンドした精油のひとつに、ジュニパーがありました。
デトックスに向いているので、疲れや精神的ストレスを浄化したいときに使いたい精油ですニコニコ
リンパの流れを促し、腎臓を刺激するはたらきもあり、むくみのある方にもおすすめです。


お鍋の中で温められた玄武岩ちゃんたちの出番です。
じわ~っと遠赤外線の温かさが体の芯まで届き、心地よく癒してくれます。
温めることで筋肉のこりがすぐにほぐれ、トリートメントを助けてくれるので、施術するほうにも嬉しいです。



F様、ありがとうございましたクローバーこれから暑くなりますが、またリラックス&リフレッシュにホットストーントリートメントをお役立てください。



にほんブログ村 美容ブログ アロマサロンへ
にほんブログ村
プロフィール

松 利花

Author:松 利花
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。