スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローズ・アブソリュート/ローズ・オットー

ローズの花


アロマサロンかおりの樹-DSC_0231-3.jpg


「ローズ・アブソリュート」

言わずと知れたバラの花です。ローズからは二通りの抽出方法があり、溶剤に香りを写し取るのがアブソリュート、花びらを蒸留して香りを抽出するのがオットーです。

抽出方法が異なると、成分の比率も異なります。よって、トリートメントで及ぼす作用も微妙に違います。


香りは、アブソリュートは明るく華やかなバラの香り。オットーはしっとりとして濃厚なバラの香り、といったところでしょうか。同じローズでもかなり印象が違います。



イメージするキーワードは、“しあわせ”。この香りを嗅ぐだけで、うっとりと幸せな気持ちにさせられますねラブラブ特に女性にとって、バラの香りは特別なものではないでしょうか。作用も、女性におすすめしたいものばかりです。





主な作用


ブーケ2PMS(月経前緊張症)、月経痛、月経不順、更年期などの女性の悩みに。(ホルモンバランスを整えます)


ブーケ2多幸感をもたらし、弱くなった心をなぐさめ、自信を取り戻してくれます。


ブーケ2うつ、無気力、ショック、情緒不安定に。


ブーケ2便秘、ストレス性の症状に。


ブーケ2スキンケア、アンチエイジングに。肌を活性化します。



ブーケ2花粉症の症状に(免疫力を高める)




香りの違いは嗅いでいただくとわかりますが、どう使いわけるの?というのが一番の疑問だと思います。はっきりと区別はしていませんが、アブソリュートはフェニルエチルアルコールという肌を活性化する成分が多く、スキンケア向けといえます。しかしオットーも、大人の肌の若返りに良いとされているので、その時の気分でいいんじゃないでしょうかニコニコ


アブソリュートは自分の中の情熱を目覚めさせ、オットーは優しく慰め寄り添ってくれる印象です。お好みに合わせてお選び下さい。





☆妊娠初期の使用は避けたほうがいいようです

☆ローズオットー精油は、気温が低いと固まる性質があります。手で瓶を温めると元に戻りますパー



以前紹介したネロリ もそうですが、花から精油を抽出する際に芳香蒸留水が採れます。ローズもネロリも採れる精油の量が少ないので高価ですよね汗ですから、普段のスキンケアには比較的安価な芳香蒸留水を使うといいでしょう。





↓よろしかったらクリックしてください音譜

にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美容ブログ アロマサロンへ


にほんブログ村

スポンサーサイト

イランイラン

イランイランの花
アロマサロンかおりの樹



「イランイラン」

フィリピン、マダガスカル、インドネシアが産地の、アジアンテイストなお花です。ジャスミンに似たエキゾチックで濃厚な香り。

この精油から連想するキーワードは“喜び”。緊張を解いて安心感、陶酔感、官能的な高揚感(!)さえもたらしてくれますニコニコ




「イランイラン」とは、マレー語で“花の中の花”という意味だそうです。昔から結婚式などでこの花を身に着けたりしていたようです。この香りを身にまとうだけで、幸せが訪れそうですね音譜


ただこのイランイラン、日本人にはやや甘さが強すぎるようで、苦手とされる方もたまにいらっしゃいますあせるトリートメント前に嗅いでみて、無理なときは遠慮なくお申し付けください。(香りが癒しにならなければアロマセラピーの意味がないので…)





主な作用・使用例


黄色い花生殖器系に働きかけ、ホルモンバランスを整えます。月経痛がある時、お腹にトリートメントオイルとして塗ると温かくなり痛みが緩和されます。


黄色い花筋肉痛、けいれんを鎮めます。


黄色い花ストレスからくる不整脈に。


黄色い花皮脂バランスを整えるので、スキンケア、スカルプケアに。加齢臭にもおすすめですチョキ


黄色い花多幸感をもたらし、イライラを鎮めてくれます。





特におすすめな使い方は、以前紹介したオレンジ・スイートとのブレンドです。イランイランのくせのある香りが爽やかに緩和されます。

また、皮脂分泌調整、育毛効果が期待できるため、オレンジとイランイランのヘアスプレーを作って頭皮マッサージをするといいでしょう。








にほんブログ村に登録してみましたチューリップピンクよろしかったらクリックお願いします


にほんブログ村 美容ブログ アロマサロンへ

にほんブログ村


にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ
にほんブログ村

ネロリ

ビターオレンジの花
アロマサロンかおりの樹
「ネロリ」

精油に使われるオレンジにも、やや苦い香りのビターと前記事で紹介した甘い香りのスイートがあり、ビターオレンジの花から抽出されるのがネロリと呼ばれる精油です。


17世紀イタリアのネロラ公妃マリー・アンヌが好んでこの香りの香水を使っていたことからネロリという名前がついたとのことです。当時は皮手袋に香りをつけるのが流行しました。

フローラル系の、甘さのなかにもシャープなキレを感じさせる上品な香りです。



イメージされるキーワードは“解放”。ストレスを発散できずため込んで身動きが取れないような時に、もやもやを払拭してくれます。自律神経の働きを調節し、心身の不調をやわらげます。

当サロンでは、ネロリのクレンジングミルクを使用していますニコニコちょっとぜいたくですが、お顔のトリートメントにも使うとくすみが取れ、肌の色が明るくなります。




主な作用

黄色い花ストレスからくる様々な心身症状に(うつ、不眠、ショック、胃痛などお腹のトラブル)


黄色い花自律神経の乱れに


黄色い花マタニティケア、妊娠線予防に


黄色い花PMS(月経前症候群)、更年期など女性特有の症状に


黄色い花しみ、そばかす、色素沈着などをはじめとするスキンケア全般に

使ってみた感想・・・トリートメントオイルに使うと、香りがよく立つので幸せな気分に浸れますラブラブまた、スキンケアをすると肌がしっとりとして、顔色が少し明るくなりました。

オレンジ・スイート

アロマテラピーで使う個々の精油について、かんたんに説明していきますニコニコ

最初はどの精油からにしようか迷いましたが、どなたでも使いやすいものからご紹介します。




オレンジの果実

アロマサロンかおりの樹



「オレンジ・スイート」

その名のとおり、オレンジの果皮を圧搾して抽出した精油で、果実の甘酸っぱい香りです。


私がこの精油からイメージする言葉は“くつろぎ”です(^-^)。

柑橘類はどの精油も気持ちを明るく前向きにする作用があり、うつ状態にある時など、香りを嗅ぐとほっと癒されたりもします。

子供にも使える(夜泣きするときに部屋に香らせたり)安全性の高い精油です。




その他の作用・使い方としては、

オレンジお腹の不調全般・・・整腸作用があるので、便秘・下痢のときにトリートメントオイルにブレンドしてやさしくマッサージ


オレンジ冷え・・・血行を促し温める作用があり、お風呂に3滴ほど混ぜて半身浴するとぽかぽか温まります


オレンジヘアケア・・・皮脂バランスを整え、毛根を刺激し、育毛効果が期待できます


などがあります音譜



ちなみに、柑橘類の精油は光毒性といって、使用直後に紫外線にあたるとシミなどの原因になるフロクマリンという成分が含まれますが、オレンジ・スイートに限ってはごくわずかなので、心配いりません。スキンケアに使いやすいですねチョキ



ブレンドにさっぱりとした甘さを加えてくれるので、このオレンジ・スイート、重宝してます。



こんなサロンです


アロマサロンかおりの樹
トリートメントスペース


マッサージベッドの上でトリートメントを受けていただきます。

トリートメント中は照明を落とし、かすかに流れるBGMでリラックスいただけます。







アロマサロンかおりの樹-DSC_0233-1.jpg

フェイシャルなどで使います。








アロマサロンかおりの樹-DSC_0234-1.jpg






アロマサロンかおりの樹








アロマサロンかおりの樹-DSC_0229-5.jpg
AEAJの認定証



メニュー

アロマトリートメントメニュー


○部分トリートメント(60分)


デコルテ、腕、お腹、背中、脚のなかからご希望の部位(4つまで)を組み合わせてオイルトリートメント。ゆったりとリラックスいただけます。


アロマサロンかおりの樹







※以下は希望があった場合のオプションとなります(2013年9~11月期)


○フェイシャルトリートメント(20分)

お顔~デコルテ、肩までのオイルトリートメント。美白効果のローズヒップクリームをブレンドします。
アロマサロンかおりの樹

※フェイシャルトリートメントを受けられる際は、必要に応じてメイク道具はご持参下さい。




使用精油・植物油


アロマサロンかおりの樹
当サロンで使用する精油は、生活の木 のエッセンシャルオイル、アブソリュートシリーズ(エッセンシャルオイル、有機精油、花精油、レアバリューオイル、和精油)です。

現在35種類の中からお選びいただけます。



トリートメントオイルを作る際、精油を希釈するための植物油も生活の木のものを使用しています。

植物油は、その時々によって異なりますが、スイートアーモンド油、マカデミアナッツ油、ホホバ油などをそろえています。

トリートメントの流れ

①ご予約

お問い合わせ・ご予約フォームから入力いただきます。折り返しご予約日の空き状況・コースの確認・ご質問に対する回答等メールにて連絡いたします。

ご予約日時のすり合わせを行い、ご予約が取れましたらサロンの場所をお伝えします。(初回のお客様は、はなが入口までお迎えにまいりますニコニコ

※御予約・キャンセルはいずれも2日前までにお願いいたします。

トリートメント当日

ご予約時にお伝えした場所までお迎えにまいります(初めての方)。

サロンへご案内

②カウンセリング

カウンセリングで、使用する精油を決めます。この時に、トリートメントに関してお気軽にご相談ください。

③お手洗い、お着替え

バスタオルを羽織っていただきます。

トリートメントの際は、施術する部分のみバスタオルから出して行いますのでご安心ください。

④フットバス(サービス)

精油を入れたお湯で足を温め、血行を促します。

⑤トリートメント開始

トリートメント終了

お着替え、メイク直しなど

⑥ハーブティー(サービス)

ホームケアのアドバイスなど

次回のご予約がお決まりでしたら、この時にされても結構です。

⑦お見送り

おつかれさまでしたビックリマーク

ご注意

下記に該当する方はトリートメントができない場合がございますのでご了承下さい。


・通院中の方

・妊娠中、産後半年以内の方

・骨粗しょう症の方

・手術直後の方

・静脈瘤、血栓症の方

・心臓病、てんかん、糖尿病の方

・アレルギー性皮膚炎をお持ちの方


お問い合わせの際、ご相談下さい。


安心3つのポイント

1.入会金はございません


2.女性限定のサロンです


3.施術する部分だけをバスタオルから出してトリートメントしていただきます



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。