スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレイパック

九州北部地方は、はやくも梅雨入りしました。

じめじめした季節、お肌のべたつきをクレイパックでスッキリしてみませんか?



クレイ=泥、粘土。天然のミネラルがたっぷり含まれるので、お肌をしっとり、いきいきさせます音譜

この効果は古くから知られており、古代ローマ時代、クレオパトラはナイルの泥でパックをしていたといわれます。



・殺菌作用、抗炎症作用があり、ニキビのケアに向いています。

・余分な皮脂を吸着し老廃物を取り除くので、パック後の化粧水や美容クリームなどの吸収が良くなります合格

・肌のシミ、くすみを改善し、毛穴をひきしめます。継続的に行うことで、肌が明るくなるでしょう。







今回使用したクレイ・・・ホワイトクレイ(マイルドで使いやすく、敏感肌向け)
アロマサロンかおりの樹-DSC_0126-1.jpg
大さじ2杯程度のクレイに、フローラルウォーターを混ぜていきます。




アロマサロンかおりの樹-DSC_0126-3.jpg
マヨネーズくらいのゆるさが理想。

ハケで目と口まわり以外の部分に塗っていきます。

ひんやりして気持ちいいですよラブラブ






アロマサロンかおりの樹-DSC_0128-3.jpg
(なんだかおいしそう…)うちの子がじっと見てます(笑)







アロマサロンかおりの樹-DSC_0128-4.jpg
乾くと固まって取りにくくなるので、このようなマスクを精製水に浸したものをかぶせるとよいでしょう。

5分くらいたったらクレイを洗い流します。(排水溝が詰まる心配はないですよ)


クレイ自体に浄化作用があるので、石鹸で洗顔し直す必要はありません。

その後、化粧水等で肌を整えましょう。しっとり柔らかくなったのが感じられますニコニコ





今回はフローラルウォーター(ダマスクローズ)を混ぜましたが、植物油やグリセリン、精油(1,2滴)、はちみつなどを加えてもいろんな効果が楽しめます。





クローバーその他の主なクレイ

・カオリン・・・最もポピュラーで、やさしい使い心地。デオドラント効果あり。


・グリーン・モンモリオナイト・・・汚れを吸着、殺菌力に優れる。脂性肌・敏感肌におすすめ。


・レッドクレイ・・・鉄分、脂分が豊富。加齢肌におすすめ。


・ガスール・・・鉄分、カルシウムが豊富。浄化作用に優れ、肌に潤いを与える。



ぜひアロマショップ等のぞいてみてください。いろんな種類があり、自分好みにカスタマイズできますよ!








注意パック中、かゆみや強いつっぱりを感じたらすぐに洗い流し、化粧水などで水分を補いましょう。

  作って保存する場合は密閉容器に入れ冷蔵庫で2週間まで。











にほんブログ村 美容ブログ アロマサロンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ
スポンサーサイト

和精油(ヒノキ)について


ふと思い立って、ヒノキ精油のことを少し調べてみました。

ウッディーなとてもいい香りで、ディフューザーによく使ってました。


産地はもちろん日本で、精油は木の部分と葉の部分から抽出されます。

手元にあるのが木部から抽出した精油なのでちょっと葉の精油との違いはわかりませんが、森の中にいるように爽やかで気持ちが落ち着く香りです霧



木部に多く含まれるα-ピネンという成分はうっ滞除去、血行促進、抗菌、抗炎症などの効果があり、冷えやむくみを改善し、疲れを和らげますドキドキ



そうそう、α-ピネンというと、アロマを知ってる人はジュニパーベリーやサイプレス(ともにヒノキ科)を思い浮かべるのではないでしょうか。どちらにも全体の6~8割ほど含まれますが、うちにあるヒノキ精油(吉野産)はなんと78.95%も占めています。



他にも、カジネン(抗ヒスタミン・抗アレルギー)、t-ムーロロール(抗真菌、免疫力強化)、α-テルピネオール(催眠、神経強壮)、酢酸テルピニル(鎮静、鎮痛)など、ヒノキ科の精油には共通する成分がやはり多いです。なるほど、ヒノキ風呂で癒されリフレッシュするわけですね。


気持ちを安定させ、体を内側からしっかり支えてくれる…そんな効能は、天に向かってしゃきっと立つヒノキの姿を想起させますニコニコ




と、いうわけでフットバス…温泉


精油は、濃度が高いと稀にα-ピネンがピリッとくるので2滴で様子を見る。

全然だいじょうぶグッド!






ちなみに葉から抽出した精油には抗真菌(カビ予防)効果や消臭効果が、より期待できるようです。

(今度葉の精油の香りも嗅いでみよう…)



こないだの記事 のようにスプレーにして虫よけやペットのケージのおそうじに。

ヒノキチップに精油を垂らしてシューズキーパーやサシェに。


そして肌・毛穴をひきしめる(収れん)作用もあるので、オイリーな肌や抜け毛予防にも。





よくよく調べてみると、こんなにも多くの用途があるんですね。

ふだん、トリートメントではどうしてもジュニパーとサイプレスに取って代わられてなかなか日の目を見ることがなかったヒノキ…(だって検定で出題される30種に入ってなかったもんあせる)ごめんなさい。





日本のアロマ環境を守っていくという観点からも、和精油がもっと注目されてもいいと思うのですが…

例えば検定試験に和精油をプラスしてもいいんじゃないでしょうか。覚えるの大変だけど汗

まずは、スギ、ヒノキ、なんならユズ、カボスあたりまで…キリがないか。









にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ
にほんブログ村




にほんブログ村 美容ブログ アロマサロンへ
にほんブログ村








メリッサ


アロマサロンかおりの樹-DSC_0126-1.jpg
メリッサ(別名レモンバーム)



レモンのような、爽やかでスッと鼻に抜ける香り。メリッサとはミツバチの意味だそうです。

普段ベランダで育てているのですが、ある日本当にミツバチが1匹寄ってきて感心しました(笑)



うちの犬はお腹の調子が時々悪くなり、食欲が落ちます。そんな時必ずこのメリッサを(勝手に)食べています。

アロマサロンかおりの樹-DSC_0129-2.jpg


キーワードは「癒し」。

うつや精神的に疲労がたまったときに元気にしてくれます。

また、鎮痛作用があり、あらゆる痛みの症状(特に精神的ストレスからくる痛み)を和らげます。胃痛、消化不良(胆汁の分泌を促す)などにも効果があるので、犬の本能で思わず食べちゃったのでしょうか!?




皮膚刺激を起こすシトラールという成分がやや多めに含まれるので、高濃度での使用は避けましょう。

でも、1滴だけでも本当にいい香りで、ブレンドを爽やかに包んでくれます。




アロマサロンかおりの樹-DSC_0130-1.jpg
こちらが食べられたメリッサ。寂しい…

また葉を茂らせてくれるまで見守ります。



犬のほうはすっかり食欲が戻り、元気になりました。

メリッサのおかげ??


にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ
にほんブログ村

5がつ13にち(はれ)

8時起床、今日の香り:グレープフルーツ、ローズマリー

ローズマリーのすーっとした香りで目が覚める。


グレープフルーツの学名はCitrus Paradisi 

Paradisi は楽園という意味(英語のパラダイス)。楽しく幸せな気持ちをもたらす。


ゆっくり首を回し、肩甲骨を広げる。

今朝はあまり肩と首まわりが凝ってない。




アロマサロンかおりの樹-DSC_0124-1.jpg
コーヒーを淹れる。



花に水遣り。

ここ2,3日さらに気温が上がったせいか、どれもにょきにょき成長している(^∇^)



さすがに冬用のシーツは暑くなったので、綿のシーツに替える。

そのまま洗濯。



ベランダに花の蜜をねらう小虫が出たので、虫よけスプレーを作る。


アロマサロンかおりの樹-DSC_0124-6.jpg
作り方:

無水エタノール10mlに精油(レモングラス、ヒノキ、ラベンダー)を12~18滴、精製水90mlを混ぜ、よく振る

※人間用の虫よけとしてお出かけ前に使えます。犬などは精油を6滴以内で作ります

他に、ゼラニウムやパチュリなども虫が嫌う香りです


今日は午後からサロンへ、自分のためのトリートメント。

K先生はどの筋肉がこわばっているのか触るだけでわかるようで、的確に「そう、そこそこ~」っていう部分をほぐしてくれる。

先生に、背中が以前とは別人のように軟らかくなっていたと言われた(ノ´▽`)ノ

首と肩も、だいぶ弛んできてるとのこと。

月1回のペースでトリートメントを始めて1年半、常にカチカチだった肩周辺が変わってきたことに驚き!


私はもっとたくさんの人の体に触れて、経験を積まないとなあ。

あと、解剖生理学、おさらいしよう…(^_^;)






アロマサロンかおりの樹-DSC_0124-5.jpg
体がかる~くなったので犬の散歩へ。








夕食後、明日早いので準備をしておく。




明日は大分へ。






枕元の香り:ゼラニウム、オレンジ・スイート

         甘い香り(*^▽^*)










にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ
にほんブログ村


ペパーミント


アロマサロンかおりの樹-DSC_0124-1.jpg
ペパーミントの葉





ガムや歯磨き粉でおなじみの、すーっとした清涼感のある香り。

アイスクリームやチョコレートなど、食用で使われることも多いです。


キーワードは「清涼」

じめじめした梅雨から夏に向いた香りです。



宝石ブルー興奮を鎮静させ、頭の中をすっきりクリアにしてくれます。

  眠気覚ましにもいいでしょう(まさにフリスクのCM)。


宝石ブルー消化器系の不調にも効果あります。二日酔い、車酔いを和らげます。

   


宝石ブルー無気力なときに活力を与えてくれます。


宝石ブルー血液やリンパの流れを促進します。


宝石ブルー頭痛、時差ボケに。




敏感肌の人は刺激に注意しましょう。

夏、バスタブに入れたくなりますが、体温を下げるので高濃度での使用は避けましょう。1滴くらいにとどめておいたほうがいいと思います(^_^;)


にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ
にほんブログ村

5がつ10にち (雨のちくもり)


7時半起床、アロマを焚く。

今日の香り:ユーカリ、ティーツリー、ライム。

ぼーっとした頭をクリアに目覚めさせてくれる香り。

ライムは、トリートメントで使うことはほとんどなかったけど、香りとしてはかなり好みなのでブレンドに加えた。



アロマを焚きながらストレッチ。

枕が合わないのか、起きたら肩がガチガチにかたいことがよくある。肩こりは多くの場合、体型・ストレス・血行の悪さ(冷えも)・普段の姿勢に起因するという。

自分はその全ての原因を兼ね備えているような気がする…(^_^;)



来週の月曜、K先生のサロンでトリートメントを受けるまでのガマン。



アロマサロンかおりの樹-DSC_0124-6.jpg

コーヒーを淹れると、呼んでもないのに約1名テーブルの下に待機(笑)

自分にもおいしいモノがあるんじゃないかと期待してるみたい。




花に水遣り。

アロマに関わるようになって、植物に目がいくようになった。

自分でも育ててみようと思い、今うちで育てているのは18種類ほど。

その中でも、ジャスミンやペパーミント、メリッサなどアロマテラピーにも使われる芳香植物は自分の手で育てると、より身近に感じられる。





昼から仕事。音楽教室でのピアノレッスン。(今日は特に長丁場…ヽ(;´Д`)ノ)

今日は蒸し暑い。帰ったらビールが飲みたいとふと思った。



夜9時半帰宅。犬がキュンキュン言いながら迎えてくれた。

帰りが遅い日はのんびりできないので、夕食→お風呂を一気にすませて今に至る。

お風呂に精油を落としてゆったりしたいけど、今日はシャワーの日。残念…




枕元の香り:ゼラニウム、ローズウッド。

心と体をほっと癒してくれる香り。



ジャスミン


アロマサロンかおりの樹-DSC_0124-1-3.jpg
うちのなけなしのジャスミン



甘く濃厚な花の香りは、幸せな気持ちをもたらします。
うつ状態から気持ちを引き上げ、精神を高揚する作用もあります。


また、子宮の収縮を促す作用もあり、出産のときに陣痛が始まると使われることもあるようです。

出産に限らず、月経痛があるとき塗布すると(経血量は若干増えますが)緩和されます。

(ただし採取量が少ないため、ローズなどと同じく高価です…汗



キーワードは「充足」。

自信喪失してしまっているときなど、精神的に充足感、満足感を与えてくれます。


うっとりとリラックスしてしまう香りなので、仕事の前や運転する前など、集中したいときは使用を避けましょう。




5がつ8にち (はれ)

6時半起床、アロマを焚く。

今日の香り:レモングラス、ペパーミント

レモングラスはやる気を起こさせるようなシャキッとした香り。ペパーミントは眠気を覚ます。



爽やかな香りのなか、軽くストレッチ。

今日はわりと首~肩がやわらかい。


アロマサロンかおりの樹-DSC_0124-4.jpg



玄関そうじ。きれいになったらここでもアロマを。

オレンジ・スイートとラベンダーのほっとするブレンド。





アロマサロンかおりの樹-DSC_0127-3.jpg
コーヒーを淹れる。一日の中で一番くつろげる時間( ´ー`)




犬の散歩。
アロマサロンかおりの樹-DSC_0129-3.jpg
そろそろ虫よけスプレーを作りたい。



途中でこんな花を見つけた。

名前がわからないし、野草の類かもしれないけどかわいい(´∀`)


アロマサロンかおりの樹-DSC_0127-2.jpg



朝食後、ざっと掃除機をかける。

ティッシュペーパーを小さくちぎり、精油を2~3滴落として掃除機で吸うと排気口からいい香り。

(ティーツリーやユーカリ、ヒノキなど抗菌効果の高い精油がおすすめ)




ネットで軽く情報収集したり、久しぶりにブログを更新したり…

サロンの予約受付口としてブログを置いてたけど、ちょっと方向転換してみようと思い立った。

とりあえず、日常の中でアロマを活かせているか日記みたいな記事も書いていこう。

いつまで続くかわからないけど…(^_^;)




午後から仕事。今日は西区のほうでピアノの出張レッスン。




夜は神経について少し調べる。

そして日記(?)としてブログ更新、今に至る。






アロマサロンかおりの樹-DSC_0124-5.jpg
焼酎のお湯割りと。

一日のうちで二番目に落ち着く時間( ´艸`)




お酒といえば、自宅でついやってしまいそうと思ったのが、

食事後と飲酒後のアロマトリートメント。

アロマトリートメントの禁忌として必ず試験の時に聞かれるし、まさか飲酒後にトリートメントはしないよねえ…なんて思ってても、案外忘れがちかもしれない。


例えば家族に、食後一時間もたたないうちに「ちょっとしてもらっていい?」とか、

お酒を飲んだあとなのに「そんなに酔ってないし大丈夫だって~」とか言われたとしたら、

他人やお客様ではない“家族”だからこそ、つい「少しだけなら…」なんて思ってしまうかも。


トリートメントをすると循環がよくなるので飲酒後はしてはいけない、また、うつぶせになって背中に圧をかけられたり、腹部を扱うことがあるので食後1~2時間は避ける。

押しの強いクライアント(この場合うちの母)に流されないようにしなければ(笑)






枕元の香り:スイートマージョラムとタンジェリン(緊張を緩和し、安眠を誘う)




ジュニパーベリー


アロマサロンかおりの樹
「ジュニパーベリー」



ヒノキ科の常緑樹で、球果と呼ばれる果実から抽出します。

お酒のジンの香りづけに使われます。かすかに甘みがあるウッディノート。


この精油のキーワードは「浄化」。

デトックス効果があるので、むくみのある方におすすめです。

うっ滞除去、利尿作用、お肌を引き締めるなど。


頭の中が混乱している時、香りを拡散させるだけでも気持ちが落ち着きます。集中力を高め活力を与えてくれるような香りです。


ちょっとくせがあると感じる方はレモンやグレープフルーツなどの柑橘類とブレンドすると爽やかさがプラスされていい感じですよ。

プロフィール

松 利花

Author:松 利花
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。