スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寝苦しいときは

きのうに続いて眠りの話です。


以前ちらっと書いたように、私の部屋はエアコンがありません。

窓を開けて扇風機を首振りで回しながら寝ています。

自分でも不思議なんですが、わりと寝つきもよく、一度も覚醒せず朝まで眠れます。


今の家に引っ越して3年ほどエアコンなしで寝てるので体が慣れちゃったのか、冷えやすい体質なのでこのくらいが自分にあってるのかもしれません。





ゆうべ、例の快眠のツボを押してみたところ、さっそく眠気がおそってきました汗

その時はまだやらなきゃいけないことがあったので寝るのをガマンしましたが、

やってみる価値はありますよにひひ




他に、就寝1時間前くらいからリラックスして過ごすことも大切です。

パソコンや携帯の光は覚醒させてしまうそうです。

部屋の照明を落とし、落ち着いた雰囲気をつくるのがいいでしょう。

アロマランプなんて香りも一緒に楽しめますね合格

眠る前に軽くストレッチをして筋肉の緊張を解き、副交感神経の働きを促すのもいいみたいです。
アロマサロンかおりの樹-DSC_0133-5.jpg
アロマランプ 上皿に精油を落とします




枕元におすすめの香り

ラベンダー、オレンジ・スイート、ジャスミン、ベチバー、プチグレン、スイートマージョラム、カモミール・ローマン、クラリセージ、イランイランなど


自分が心地よいと感じる香りを選んでください黄色い花



にほんブログ村 美容ブログ アロマサロンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

眠りのツボ

寝苦しい夜が続いていますショック!


私は枕元にスイートマージョラムを数滴含ませたコットンを置いています。副交感神経を優位にしてリラックスさせる香りですが、スーッとした爽やかさも感じられるので蒸し暑い夜にぴったりです。




暑くてなかなか寝付けないとき、眠りに導く「ツボ」を押してみましょう音譜


アロマサロンかおりの樹-DSC_0133-4.jpg
「神門」のツボ↑赤い点の辺りです(見えにくい…) 

小指の付け根にある骨のくぼみ。




アロマサロンかおりの樹-DSC_0134-3.jpg
ちょっとびっくりしますが(笑)、頭のてっぺんにある「百会」。



アロマサロンかおりの樹-DSC_0134-2.jpg
両耳の先端からの線が交わる辺りです。





アロマサロンかおりの樹-DSC_0136-3.jpg
耳の後ろの骨のでっぱりからやや下のくぼみ、顔側に向けて。



アロマサロンかおりの樹-DSC_0135-2.jpg
「安眠」のツボ。



他に、手のひらの真ん中にも自律神経の乱れを調整する労宮というツボがあります。


ゆっくりと息をはきながら5秒押すのを3セットしてみましょう。





にほんブログ村 美容ブログ アロマサロンへ
にほんブログ村

さらっとパウダー


アロマサロンかおりの樹-DSC_0133-4.jpg
アロマパウダーの作り方。

お風呂上りなどにパタパタはたくと肌がさらっとして気持ちいいですニコニコ


準備するもの

①コーンスターチ  大さじ1

②クレイ(カオリン) 大さじ1

③精油        15滴程度

・パウダー容器か調味料入れ






アロマサロンかおりの樹-DSC_0133-8-1.jpg
浅めのボウルに①②③を入れ、均等に混ぜます。





アロマサロンかおりの樹-DSC_0133-5.jpg
容器に移し、完成音譜これだけ!





アロマサロンかおりの樹-DSC_0134-2.jpg
こんな感じ。使用期限は2か月。




粉は小麦粉や米粉など何でもいいです(ホットケーキミックスとかはダメですが汗)。

コーンスターチは量がちょうどよく、スーパーで88円ほどで手に入るのでおすすめです。お餅の表面についているあの粉なので、粒子が細かくパウダー向きです。


カオリンをやや少なめに配合すると、重たくならずにいいかなと思います。




今回使用した精油

ペパーミント、ライム、レモン、ジュニパーベリー、ヒノキ、ゼラニウム。

肌をひきしめ、デオドラント効果、除菌・抗真菌効果の高いものを選びました。

ペパーミント、ライム、レモンを多めにして他は1滴ずつにしました。






にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美容ブログ アロマサロンへ
にほんブログ村

グリセリン


アロマサロンかおりの樹-DSC_0134-2.jpg

パーム油やヤシ油から精製される100%植物性のグリセリン。

保湿力に優れ、手作りの化粧水やクリーム、歯磨き粉、石鹸などに使われます。



パーム油…アブラヤシの果実から

ヤシ油…ココヤシの果実(ココナッツ)から製造します。




アロマサロンかおりの樹-DSC_0134-1.jpg
写真はアロマショップで入手したもので、とろみがあって瓶からゆっくりと落ちます。

薬局でも売られてるのを見たことある方がいると思います。もちろん植物性で安全性に変わりありませんが、あちらは濃度が85%とやや薄く、さらっとしています。


化粧品には100%濃度のグリセリンを使うと言われますが、以前なにも知らず、入手しやすかったので薬局で買ったグリセリンで化粧水を作っていました。それでも保湿はできましたし、何の問題もありませんでした。(値段も4分の1だし…にひひ



でも、とろみのある濃いグリセリンの方がお肌をしっかり保湿してくれるのは確かですし、きちんと中ブタ付きの遮光瓶で売られているので、劣化を遅らせることはできますね。



何を作るか、用途によってそれぞれを上手に使い分けるのもいいかもしれません。





にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美容ブログ アロマサロンへ
にほんブログ村

マンダリン


アロマサロンかおりの樹-DSC_0134-2.jpg
マンダリン




オレンジ・スイートをさらに甘くやさしくした感じで、子どもの情緒不安定などに向いた香りです。

イメージするキーワードは「穏やか」。

温州ミカンもマンダリンの一種だそうです。




オレンジ 緊張をほぐし、優しい気持ちにさせてくれます。


オレンジ ストレスからくる消化器系の不調に。


オレンジ デオドラント効果あり。


オレンジ 皮膚を柔らかくするので、しわ・セルライト・妊娠線の予防に。




バニラや、バニラに似た香りのベンゾインとブレンドすると、キャンディやクッキーのようなおいしそうな香りになって、子どもたちに喜ばれますニコニコ





個人的な香りの印象:

初めて嗅いだとき、日本のミカンに似ているという印象でした。まさに温州ミカン。

冬、こたつの上に盛られてつい食べ過ぎ、手足に黄疸を作っていた(笑)あの罪作りなミカンです。


優しさと温かみのあるミカンの香り。こたつでそのままうたた寝していた幸せな思い出がよみがえります。

子どもに優しい、ほっこりした香り。






タンジェリンという、マンダリンの変種の精油もあります。(香りはオレンジ・スイート寄りで作用はマンダリンとほぼ同じ)

タンジェリンのほうが価格が低いので、代用する場合はおすすめですチョキ






にほんブログ村 美容ブログ アロマサロンへ
にほんブログ村

スイートアーモンド油


アロマサロンかおりの樹-DSC_0134-1.jpg
スイートアーモンドの種子



このところ、強い日射しから肌を守ろう!みたいな内容が続いてますが…今日もそんな感じですあせる

だって暑いんだもん。肌だってダメージうけちゃいますよね。




日本アロマ環境協会の機関誌に載っていたのですが、スイートアーモンド油を肌にぬるとメラニン生成を抑える働きが認められたそうです。






スイートアーモンド油は、アーモンドの種子の中にある仁から搾り出します。

ほぼ無臭でやわらかな感触の使いやすいオイルです。


黄色い花 オレイン酸、リノール酸を多く含み、血中コレステロールを減らし、皮膚のターンオーバーを促進します。


黄色い花 他にもビタミンA、Bなど含み、抗炎症作用、保湿作用、皮膚を柔らかくする作用があります。




4週間肌に塗り続けたあとメラニンの減少が確認され、その効果は5週、6週後まで継続されていました。

人の肌のターンオーバーは4週間かかるので、肌の一番深層で作られるメラニンに作用していることになります。

何もしていない状態と比べて、スイートアーモンド油はメラニンを作る酵素・チロシナーゼの活性を阻害する結果が出たのです。




車の運転される方なんて、腕がうっかり日焼けしてしまうことが多いと思いますが、このスイートアーモンド油をセルフケアに用いてみるといいでしょうニコニコ








にほんブログ村 美容ブログ アロマサロンへ
にほんブログ村

シアバター

お出かけ前、強い日射しから肌を守るのにシアバターを使ってみてはいかがでしょう。晴れ




アロマサロンかおりの樹-DSC_0133-2.jpg
シアの実




赤道直下の西アフリカ、中央アフリカに分布するシア(カリテ)の木。平均気温30度以上という厳しい環境の中で自生しています。3年に一度、卵ほどの大きさの実をつけ、その種子の中の胚(シアカーネル)を加工するとシアバターができます。


常温では固形で、体温で溶けて肌に浸透するため、バターと呼ばれます。




アロマサロンかおりの樹-DSC_0133-2.jpg
アロマクラフトの基材になるシアバター(精製)



ヒマワリ ステアリン酸やオレイン酸などの高級脂肪酸を多く含み、抗酸化作用、保湿力に優れ、しみ・シワを防ぎます。




石鹸やクリーム、リップなどに使われ、紫外線や乾燥から肌や髪を守ってくれます。

化粧下地や日焼け止めに加工されたものも多く売られているので、試してみてください音譜もちろん手作りに挑戦してもいいですねチョキ



ちなみに私はシアバターの化粧下地を使っていますが、思ったよりもさらっとした感触で使いやすいですニコニコ保湿力もなかなかのものですよ。





にほんブログ村 美容ブログ アロマサロンへ
にほんブログ村

フローラルウォーター


アロマサロンかおりの樹-DSC_0133-2.jpg

水蒸気蒸留法で精油を得る過程で、精油の成分をわずかに含む、香りのよい水が出てきます。

これをフローラルウォーター(芳香蒸留水)といいます。

このフローラルウォーターは刺激が少なく、赤ちゃんからお年寄りまで使えますラブラブ



様々な植物のフローラルウォーターがありますが、主なものとして


ブーケ2ローズウォーター…肌のきめを整え若返らせる


ブーケ2ネロリ(オレンジフラワー)ウォーター…肌をしっとりさせる


ブーケ2ラベンダーウォーター…デオドラント効果あり


ブーケ2ジュニパーウォーター…ニキビや吹き出物を防ぐ


ブーケ2ペパーミントウォーター…肌のほてりを和らげる


ブーケ2ローズマリーウォーター…毛穴を引き締めさっぱりさせる


ブーケ2カモミールウォーター…かゆみのある肌にも



などがあります。

基本的にどの肌質にも使えますが、乾燥肌・敏感肌にはネロリ(オレンジフラワー)ウォーター、カモミールウォーター、普通肌・脂性肌にはラベンダーウォーター、ジュニパーウォーター、ペパーミントウォーター、ローズマリーウォーターが向いています。ローズウォーターはすべての肌向きです。




手作りコスメの基材などに使われますが、化粧水としてそのまま使うこともできます。

紫外線を浴びた肌のケアに、コットンに含ませて3分ほどパックするといいでしょう合格







ちなみに…

精油の蒸留って手軽(?)におうちでできるんですよ。


アロマサロンかおりの樹-DSC_0133-3.jpg
↑こんなの



アロマショップで蒸留器取り扱ってるみたいです。

上の(へたくそな)絵の卓上タイプだと15,000円くらいで、これは15グラムのドライラベンダーから15cc程度のフローラルウォーターが採取できます。



もっと本格的に精油とフローラルウォーターが蒸留できるアランビックもありますが、こちらは7万円ほど。


…いかがですか?得意げ





にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美容ブログ アロマサロンへ
にほんブログ村

レモン


アロマサロンかおりの樹-DSC_0133-3.jpg
レモン




心身をシャキッとさせてくれる鋭いシトラスの香りは、一日の始まりに向いています晴れ

確かに、この香りを鼻に近づけられて眠くなる人はあまりいないでしょう…汗




この精油のキーワードは「集中」。



オレンジ 脳を活性化するので、集中力・記憶力を高めたい時に。


オレンジ 白血球の働きを活発にします(免疫力アップ)。

かぜをひいた時など、フットバスに入れると良いでしょう。


オレンジ 消化機能を高めるので、胃腸や肝臓の不調に。


オレンジ 血液、リンパの流れを促し、むくみ・冷え・静脈瘤などに。




食用はアメリカ産(フロリダ、カリフォルニア)が有名ですが、アロマテラピーにはイタリア産(シシリーが有名)のものが香りが高く向いているそうです。



レモンの香りを焚きながら、梶井基次郎の小説「檸檬」を、レモンティーを飲みつつ読む…こんなレモンづくしをしてみてはいかがでしょうにひひ







個人的な香りの印象:

この香りを具体的に表現してくれたのは、記事にもある梶井基次郎の短編小説「檸檬」です。

高校の時教科書に載っていて、その描写にうっとりと引き込まれました。


地中海を思わせる爽やかで目の覚めるようなフレッシュな香り。

当時の現文の先生いわく、“この小説はなぜか女子に人気がある”とのことでした。右脳(感覚)を刺激する描写が受けたんでしょうか。


レモンの香りの本来の作用は、左脳(論理的思考)を覚醒させるものなのに…不思議です。







注意柑橘系の精油は、光毒性といってお肌に使用した直後紫外線を浴びるとシミの原因となる物質が含まれています(オレンジ・スイートは大丈夫です)。昼間使う際、紫外線を避けるなど気を付けてください。





にほんブログ村 美容ブログ アロマサロンへ
にほんブログ村


爽やかエアフレッシュナー


アロマサロンかおりの樹-DSC_0136-3.jpg
携帯できるエアフレッシュナーを作ります。



材料: 無水エタノール4ml、精製水6ml、精油4滴 (10ml分)


作り方: 無水エタノールに精油(ペパーミント2、ライム1、シダーウッド1)を溶かし、精製水を注いでよく混ぜる。





アロマサロンかおりの樹-DSC_0133-2.jpg
よく混ぜる





アロマサロンかおりの樹-DSC_0134-1.jpg
これ100均のアトマイザーです。意外にカワイイラブラブ


これらの精油は集中力を高めたい時に向いています。

ペパーミントとライムは体感温度を下げるので、夏にはぴったりうお座

この2つが揮発性の高いトップノートなので、香りが残るようにベースノートのシダーウッドを入れてみました。



・ペパーミント…ぴりっとした清涼感のある香り

・ライム…爽やかさの中にシャープさをもつシトラス系の香り

・シダーウッド(殺菌消毒効果にすぐれています)…やさしく甘みのあるウッディ系の香り



蒸し暑くて気持ち悪いとき、仕事や勉強疲れでリフレッシュしたいとき、宙に向けてシュッとするだけ音譜

小さめのアトマイザーで携帯すると、いつでも使えて便利ですニコニコ









にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美容ブログ アロマサロンへ
にほんブログ村

プロフィール

松 利花

Author:松 利花
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。