スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エフルラージュ

エフルラージュとは、アロマトリートメントの専門用語で“軽擦法”と訳されます。文字通り皮膚を軽い圧で撫でさする手技のことです。手全体をクライアントの肌に密着させて行います。

トリートメントの最初と最後に必ず入れ、手技と手技のあいだにも随時入れます。
体験するとわかりますが、これをすることでかなりリラックスできますクローバー丁寧に反復して撫でられると、精神的に落ち着きますし、心身が緩むんです。


心が緩むのは神経系の昂ぶりを静め、自律神経のバランスを整えるということですから、内臓の機能が改善されます。

体が緩むのは筋肉の緊張がほぐれるということですから、血流がよくなり、細胞へ栄養が行き届くようにもなります。

血流がよくなると皮膚の新陳代謝を促します。古い角質が優しくはがれ、くすみが改善できます。さらに汗腺・皮脂腺の働きもスムーズになり、お肌に潤いと弾力をもたらしますニコニコ

まるでしりとりのようですが、エフルラージュひとつとってもこんなにいいことがあるんですよラブラブ
さらにさらに、トリートメントは様々な手技を組み合わせ、精油の作用が加わることもお忘れなく!精油を使用することは他のセラピーやマッサージにはない、アロマだけの特色ですから音譜



上記のような小難しいことは抜きにしても、ヨシヨシとなでなでされるだけで人は心が落ち着くもの。特に健康志向じゃなくてもいいし、ただ気持ちいいことが好きなだけでもいいじゃないですかニコニコ

また、いつも人のことを支えてばかりで、自分の支えがない!という方にも、アロマはうってつけだと思います。フィジカル面だけでなくメンタル面でも、優しい植物の恵みとセラピストの温かい手が慰めてくれますよ。

貴女にとってひそかな隠れ家となるサロンを見つけることをおすすめします音譜
んっ!?エフルラージュの話から飛躍してしまった…汗

__.JPG

にほんブログ村 美容ブログ アロマサロンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

夏バテ対策メニュー

8月・9月限定でアレンジメニューを作りました打ち上げ花火
夏に合わせていつものトリートメントを少し形を変えてご提供いたします。

こちらからどうぞ→☆


・手のツボを心地よく刺激するハンドリフレ(&ハンドバス)付きの
「すっきりリフレッシュコース」と、
・アロマ90分の中にホットストーンを取り入れた
「じんわりリラックスコース」です。

それぞれに見合った精油のブレンドを考えてみました。
ぜひお試しください音譜

なお、どちらのコースにもローズヒップティーとアイスレモングラスティーをお付けいたします。



__ 1.JPG__ 1.JPG
コロちゃんもこの暑さに伸びきっています…(この写真は元気に遊んでるけど)

にほんブログ村 美容ブログ アロマサロンへ
にほんブログ村

猛暑にそなえて

九州は梅雨も明け、セミの声が聞こえ始めました。
本格的な夏の到来です。猛暑です晴れ
最近は節電でオフィスや街中などでは冷房が控えめかな?と感じます。
しかし、外気温が上がりすぎるとやっぱりバテ気味になりますよねあせる


いきなり神経系の話ですが、自律神経は興奮させる交感神経と鎮静させる副交感神経がバランスを取り合って成り立っています。偏りそうになると、どちらかが優位にたって正常な状態に戻そうとしているのです。
夏バテとは、主に外と室内の気温の差に、体温を調節する自律神経中枢の働きがついていけなくなった状態です。

この自律神経、がんばって働くと燃えカスのごとき活性酸素(サビのようなもの)が発生します。
サビがつくと、自律神経中枢の機能は当然鈍くなります。


サビつかないようにするには、疲れやストレスを癒し、適度な運動をし、ビタミンCやクエン酸を摂取するのがいいと言われます。

・疲れやストレスを癒し→だって忙しすぎて無理!
お風呂をぬるめの温度に設定しましょう。あとはぼ~っと浸かってるだけでOK

・適度な運動をし→でも暑いと動くのもイヤ!
ストレッチだけでもOK

・ビタミンCやクエン酸を摂取する→どーやって?おいしくないもん食べたくない!
生活の木のおいしいハーブティー「ローズヒップC」がおすすめです。




自律神経調整作用がある精油は
サイプレス、クラリセージ、ネロリ、ジュニパー、
ゼラニウム、スイートバジル、プチグレン、マージョラム、
マンダリン、ラベンダー、ローズマリーベルベノン
などです。

もちろん、アロマトリートメントもおすすめです!音譜
あなたの夏バテを癒したくてたまらないセラピストが、サロンで待ち受けてますよ~ドキドキ(こわい)



にほんブログ村 美容ブログ アロマサロンへ
にほんブログ村

和スイ~ツ

__ 1.JPG__ 1.JPG
またまた和菓子です音譜
これ、名前を見てあ~っひんやり!ってなったんですが、“夏の玉路地”っていうお菓子です。
ミニサイズになって、この上にハダカで寝そべりたい。ウソです。べたつくわ…(笑)

餅米入りで、寒天部分がもちっとしてます。あずきの甘さがいいアクセントになってます。



__ 2.JPG__ 2.JPG
つづいてわらび餅。ふつうのわらび餅とは趣向が異なり、こしあんソースをかけていただきます。
(あっ、まさか前回からのこれら和菓子を手作りしたと思われてます?当然、そんなスキルないですよ!お菓子屋さんのものです、念のため…あせる




__ 3.JPG__ 3.JPG
最後はクリアな竹筒に入った梅ゼリー。アルコールっぽさや酸味よりも甘さが引き立っていて、おいしかったです。
いかがでしょう、涼しさを感じていただけましたか?




さて、このブログは今日で毎日更新1周年を迎えましたクラッカー
“これから毎日ブログを書いて、一日のうち一回はアロマについて考えるようにしよう”と決めてから、いつの間にか365日目。
厳密には犬のことなど、脱線することもよくありましたが汗1年は続けることができ、自分にけっこう根気があることがわかりました(笑)
これを長所として、この先いろんなことに活かしていけたらなあと思いますニコニコ

ひとまずこれで気が済んだ(笑)ので、これからはマイペースに更新していくことにします。
見てくださったみなさん、ありがとうございます。
そしてこれからもよろしくお願いしますねブーケ1



にほんブログ村 美容ブログ アロマサロンへ
にほんブログ村

わんわんパトロール

__ 1.JPG__ 1.JPG
じ~っ…
コロちゃんが何かを見つめています。



__ 2.JPG__ 2.JPG
わんわん「ハエがおる」
ドアのすきまからハエが一匹入ってきたようです。
こうなると張り切るコロちゃん。ハエを追ってトテトテ走ります。



__ 1.JPG__ 1.JPG
そういえば虫よけスプレーがなくなってたので作ることにしました。


__ 2.JPG__ 2.JPG
できました。(いろいろはしょってる汗
使った精油は、ユーカリ、ラベンダー、ローズウッド、ゼラニウム。虫が嫌がる香りです。
玄関にシュッシュッしてきました。


ハエは、何度か見失いましたが最終的にコロちゃんが窓にとまってるのを見つけ、はなが外に追い出すという連携プレーで撃退しました!



にほんブログ村 美容ブログ アロマサロンへ
にほんブログ村

奇跡の一枚

いつもはこ~んな感じのコロちゃん。
__.JPG
ぬ~ん
わんわん「ササミくれ!」



モデルモードに切り替え!すると…

__ 1.JPG__ 1.JPG
きりっキラキラ
ドキドキキャー流し目がめっちゃイケメン!!その場でスマホの待ち受けに設定しました。飼い主バカ!

この神秘的な佇まいは、例えるならビョルン・アンドレセン…



参考:ビョルン・アンドレセン↓

__.JPG
モノクロで比較↓

__.JPG
あ、やっぱ犬だわ。(急に冷静)


にほんブログ村 美容ブログ アロマサロンへ
にほんブログ村

涼菓

__.JPG
ほうじ茶の寒天、黒蜜がけ。
かすかなほうじ茶の香ばしさに、濃厚な黒蜜の甘さがよく会いますニコニコ



__.JPG
竹を模した器に入った抹茶水ようかん。甘さ控えめで抹茶の苦味が少しきいてます。


見た目も涼しげな夏の和スイーツです音譜



にほんブログ村 美容ブログ アロマサロンへ
にほんブログ村

やってみよう

雑誌の投稿で見かけた独自のアロマの楽しみ方。
夏らしく扇風機にひと工夫するだけというので、さっそく試してみました。

__ 1.JPG__ 1.JPG
まず扇風機に細長いひも状のものをくくりつけます。


__ 2.JPG__ 2.JPG
ひもに精油をしみこませます。これはユーカリを5,6滴。


__ 3.JPG__ 3.JPG
スイッチオン!涼しい風とともに心地よい香りが…


するかな?う~ん…ほんのかすかにするかな…
部屋に香りが広がるというほどではありませんあせる
ざんねんでした!



にほんブログ村 美容ブログ アロマサロンへ
にほんブログ村

ZEN

きのうの続き。具体的に何を読んでるのかという…


__.JPG
この3冊です。


左:「困ったときの良寛さん」松本市壽・著 三笠書房

著者は40年間出版社に勤務し、退職後20年間良寛研究を中心とした編集に携わったそうです(この文庫本が2009年2月に第1刷発行となっていますが、2009年に亡くなられたんですね)。
江戸時代後期、新潟の町名主の家に生まれながら出家した良寛。その生き方から、「困ったとき、良寛さんならどうするか」という視点でヒントを学ぶつくりになっています。
良寛の残した漢詩や和歌からの引用が現代語訳でわかりやすいです。手軽に読めて良寛さんに親しみがわく一冊。


中:「心がまぁーるくなる禅のおはなし」高田明和・著 KKベストセラーズ

著者は浜松医科大学名誉教授。生理学、血液学、脳科学の分野に加え心の病や禅についての著書を多く書かれています。
名僧に愛されてきた公案集「無門関」全四十八則を、現代人の悩み相談を用いてひとつずつ具体的に解釈。悩み別に公案を探せる目次や、出てくる僧の解説やつながりがわかる略譜も付いていて、とても親切な本です。


右:「寂しさや不安を癒す 人生のくすり箱」枡野俊明・著 KADOKAWA

著者は住職であり、庭園デザイナーであり、多摩美術大の教授。禅の庭の創作活動で写真集なども出されています。
三冊の中ではこの本が一番新しく、今年の6月に出版されました。そういう意味でも、最も“今”の世相を反映した悩みに効く内容だと思います。




何がいいかなんてわからなかったので本屋で自分が興味をひかれる本を選んだんですが、三人三様全く異なった経歴の著者というところが面白いですニコニコ



にほんブログ村 美容ブログ アロマサロンへ
にほんブログ村

禅!

少し前から禅の本を読んでます。もやもやしたものを持て余しているときにヒントを与えてくれます。
といっても小難しいことは無理なので、まずは入門編ということでやさしく読めるもの、ぱらっと見て面白いと思ったものから入りましたニコニコ



生きていればそれなりに悩みはつきないし、誰しも漠然とした不安を抱えています。

社会の一員として生きていくにはまずお金を稼ぎ、適当に周囲の価値観と合わせて人並みのことをこなすという、暗黙のルールに従うのが当たり前になっています。悪い面もあるけど、逆にいえばそれがトラブルを回避するガイドラインみたいな役割を果たしているのかも。
そんな日常に疲れたらこれらの本を読むと気持ちが楽になります。


禅の“執着を捨てる”という教えが、もうこれ以上はないんじゃないかってくらいに答えを出してくれてると思います。
自分を追い詰めるのも、他人を妬んだり憎んだりするのも、妄念にとりつかれるからこそ。
精神的なことに限らず、物質的なことについても同じです。
“ねばならない”という考え方に固執すると、どんどん負のスパイラルにはまっちゃいます。


技術を磨いたり知識を身につけることで行き詰ったらその道の専門家に相談すればいいですが、もっと根本的な、自分に決定権があることを他人に聞くとかえって惑わされることもありました。あるいは人のアドバイスをそのまま取り込んだだけで満足し、何の解決にもつながらないってことも汗

要は自分なんですよね。自分の考え方次第で状況は変わる。
かといって一人で抱え込みすぎてもいけないけど、そういう時に読んでもいいものです。



なんだかアロマと関係ないようですが、(いや、今さらか汗)いちおうホリスティック(包括的)な観点からつなげているつもりです(笑)心も健全でいたいですものね。

雨の多いこの季節、お気に入りのアロマを焚きながらいい本を読んで癒されましょう音譜



にほんブログ村 美容ブログ アロマサロンへ
にほんブログ村
プロフィール

松 利花

Author:松 利花
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。