スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アフターカーニバル

__ 2.JPG__ 2.JPG
お?コロちゃんいつもと様子がちがう!

__ 1.JPG__ 1.JPG
キュッとねじりハチマキ締めて…

__ 3.JPG__ 3.JPG
わんわん「夏の終わりのひとり祭りだワッショイ!!」

__ 5.JPG__ 5.JPG
全体はこんな感じ。

__ 4.JPG__ 4.JPG
はっぴの背中にはでっかく“祭”の文字が。

__.JPG
さすが柴犬!和のコスチュームが似合うね!よっ、男前!!
わんわん「えへへ~」


__ 1.JPG__ 1.JPG
わんわん(ところでぼく、なんでこんなかっこしてるんだろ…)

__ 2.JPG__ 2.JPG
わんわん(またはなしゃんのたわむれに乗せられてしまった…)

__ 3.JPG__ 3.JPG
わんわん「あの、もう寝るから」

過去のコスプレ衣装が久々に出てきたので着せてみましたにひひ


にほんブログ村 美容ブログ アロマサロンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

不思議に思うこと

今日の内容は、意見が分かれるところに踏み込んでます。
でも、これは間違いだ!とか、アロマはこうあるべきだ!と主張するつもりは全くありません。
ただ普段からひっかかってたことをつづっただけです。これに対してご意見を必要ともしていませんので、あしからずドキドキ不快に思う方はどうぞブラウザバックしてください走る人
(と、予防線を張っておく)



今、日本には多くのアロマテラピー団体がありますが、はなはその中でAEAJ(日本アロマ環境協会)のアロマテラピーを勉強しました。
最初は検定1級から始まり、アロマテラピーインストラクターとアロマセラピストの資格まで。
これらは国家資格ではなく、民間資格です。
ここでは、現在の日本におけるアロマテラピーとアロマセラピストの立ち位置も学びました。

アロマテラピー先進国のフランスでは、精油を医師の処方のもと内服する療法もあるそうです(いわゆるメディカルアロマです)。
日本でアロマテラピーというと主にイギリス式を指し(正確にはアロマセラピーと呼ぶべきでしょうか)、こちらはトリートメントでリラクゼーションを目的とした自然療法です。
何となくふたつの違い、おわかりいただけますか?


精油は、植物の成分が100倍ちかく濃縮されたものです。精油にはさまざまな薬理作用があり、ホルモン様の働きをしたり、血圧に影響するものもあります。一歩間違えると体に変調をきたすものも。そのため、体に使用する際はまず濃度に気を付けないといけません。
AEAJでは1%濃度が基準とされ、計算式は必ず試験に出るほどです。つまり安全性を重視しているのです。



ここからが気になる点なんですが、日本でも特に医師の指示なく“飲んでも大丈夫”な高品質の精油を個人で入手して経口摂取するケースがあるようです。
全て自己責任です。とはいえ、もし何か異状があっても後悔しませんか?
病院に行って原因を聞かれたら、何と答えますか?

場合によっては、あの人に大丈夫と言われたから…ってなりませんか?
消費者の立場としてでなく、アロマを提供する側としては安易に勧めるのは躊躇します。
精油を売る側が、「うちの精油はメディカルレベルで飲めるほど高品質だけど、必ずしも飲用をおすすめしません」としているのを、「この精油、飲んでも問題ないんだって!」と受け取っているケースもあるのではないかと不安になります。


__ 1.JPG__ 1.JPG
わんわん「不安になるの?」


はなが気になるのは、精油を飲む人たちの「フランスじゃ精油の経口摂取なんてもう当たり前のことだし、ちょっとなら大丈夫だよ。日本のアロマは慎重すぎ」という理屈です。
言葉にすると簡単だけど、フランスで処方してるのはたくさん勉強して、臨床経験を積んだ医師なんですよね汗その人たちと同じ勉強をして資格を持ってる人が言うならいいと思います。(例えば病院でお医者さんがメディカルアロマを取り入れているとか)
それに実際のメディカルアロマの普及率もいかほどか、フランスに住んだことがないので私にはわかりません。

個人的に、たとえ少量でも日常的に飲むのは胃壁を傷つけそうで…(はなは胃が若干弱い)。そもそも精油っておいしそうですか?汗
ハーブティーじゃだめ?←即効性はありませんがゆっくり体内を巡って効果が得られます
どうしても飲みたいならハーブチンキ(エタノールではなく蒸留酒で漬けたもの)を薄めて飲むという方法もあるけど…



アロマセラピストはドクターではなくセラピストなので、クライアントの安全に対して慎重になるのは当然です。クライアントの身体について、お医者さんほどの知識はないのですから。
もちろん解剖生理学をはじめとする諸々の勉強はしますが、トリートメントを行う上で必要な知識としてです。
セラピストがクライアントを診断すると医師法に抵触することと、精油は雑貨として扱われるということからアロマは医療ではないという線引きがなされています。



__ 2.JPG__ 2.JPG
でれ~ん…わんわん「もう誰も読んでね~よ…」

はなは、もともと香りが好きでした。いい香りを嗅ぐと幸せな気持ちになれます。肩こり持ちなので、アロマトリートメントをしてもらうと至福のひとときを味わうことができます。
私にとってのアロマテラピーはまさにこれでした。イギリス式の、香りを楽しむアロマセラピー。AEAJはイギリス式です。
ですから、うちのサロンにいらしたお客様に提供できるのは、医療行為ではなくリラクゼーションということになります。

(余談ですが、AEAJやその他のアロマ関連の団体で学べるインストラクターやセラピスト等の知識は、プロのアロマセラピストにとって“基本のキ”だと思っています。ここが出発点で、これらの勉強すらしていない人がいくらアロマセラピーを説いたところで、眉唾だというある程度の判断基準になるのではないでしょうか)




さて、日本にもフランス式アロマテラピー(メディカルアロマ)を学べるスクールはすでにあり、そちらに精通したセラピストさんもいます。また、医療の分野に正しくアロマを応用する活動をしている団体もあります。
私自身、セラピストを長く続けていけばいずれはメディカルアロマも勉強する必要が出てくると思っています。
まだまだ知らないことがたくさんあるし、実は興味があるんです。難しそうだけどあせる


長々と書き連ねてしまった…
ほら、ワタシ、根がマジメだから(笑)
ヒマなやつだと鼻で笑ってやってくださいにひひ
ここまで読んでくださってありがとうございました。


__.JPG
わんわん「ふん…(鼻で笑う)」
にほんブログ村 美容ブログ アロマサロンへ
にほんブログ村

日焼け後のケア

8月も後半に突入しました。レジャー疲れしていませんか?にひひ
私?余裕でだいじょうぶです。だってレジャーしてないもんね!(威張る)
万が一に備えて“避暑地でリゾート”のイメージトレーニングを重ねておりましたが、
どうやらイメトレだけで無事にこの夏が終わりそうですグッド!


さて、娘の私がこんな状態の中、我が父親は日帰りで福岡から大分までゴルフに行って帰ってきました。
この猛暑のさなかに何考えてるんでしょうね。KBCオーガスタ気取ってるんでしょうか。
そして腕にたっぷりと紫外線を焼き付けてきました。

__ 4.JPG__ 4.JPG
わ~

__ 5.JPG__ 5.JPG
赤い。痛々しい~ショック!

心優しいはなは放っておけず(まあ正直よだきいからもういいかな~とは思いましたが)、以下のものを準備しました。
※よだきい=かったるい、めんどくさい



__ 1.JPG__ 1.JPG
精製水に浸したコットン

__ 2.JPG__ 2.JPG
クレイとフローラルウォーター

__ 3.JPG__ 3.JPG
ハンガリアンウォーターとローズヒップクリーム


__ 1.JPG__ 1.JPG
冷蔵庫で冷やした精製水でコットンパックをして肌を冷まします。ひりひりするほどひどい時は保冷剤などをタオルでくるんだもので冷やしてください。

__ 2.JPG__ 2.JPG
クレイをフローラルウォーターか精製水で、マヨネーズより少し固いくらいに練ります。そして塗布。日焼けの度合いによってはもっとこってり塗ってもいいでしょう。
クレイは抗炎症や古くなった角質を吸着する働きがあり、肌の新陳代謝を活発にします。


__ 4.JPG__ 4.JPG
せっかくなので、クレイには炎症や痛みを静めるラベンダー精油を一滴混ぜました。(はちみつを混ぜるのもおすすめです)5分ほど放置したら水で洗い流します。


最後に抗酸化作用のあるハンガリアンウォーターを精製水で4~6倍に薄めたもので軽くパッティングし、保湿クリームやジェルを塗って完了!
今回は特別に肌の修復をサポートしてくれるローズヒップのクリームを塗っておきました。




__ 3.JPG__ 3.JPG
ほら、赤みが取れた。
画質が貧弱で説得力に欠けますが…汗
ひんやりしていい香りで、気持ちいいですよニコニコ


まとめ
日焼けにはまず冷やすことと、保湿することが大切です。
父は日焼け止めを塗っていたのでこの程度でしたが、ひりひりするほどの日焼けは火傷(やけど)のようなもの。シミなど跡が残らないよう、しっかりケアしましょう。

ここでご注意注意日焼け後はアロマトリートメントは受けられません。
肌が炎症を起こした状態なので、トリートメントにより悪化するおそれがあります。
炎症がおさまれば受けられますOK


にほんブログ村 美容ブログ アロマサロンへ
にほんブログ村

盆・大分

きのう、予告通り大分に帰ってきました。
両親にとっては5年ぶりの大分ですが、はなはもうこれまでの人生の半分以上を大分以外の地で過ごしてしまったので、ちょっとした観光気分です。(とはいえ年に1~2回は帰ってたんですけどねあせる

不思議なもので、福岡は10年以上住んでも第2の故郷とは思えないのに、大分はいつ帰ってもその時・その瞬間で昔過ごしてた感覚にすっと馴染めます。あ、福岡を下げてるわけじゃなく、よそ様のお宅におじゃましている感じと言えばわかっていただけるでしょうか汗
土地との相性ってあるみたいですね。

ちなみに、はなは他にも長崎や熊本に住んでた時期がありますが、長崎は大分と同じように馴染みやすかったです。のんびりしてて、良くも悪くもマイペースな雰囲気が性に合ってたのかもしれません。


↑前置きつまんない。


では唐突に昔の大分駅前↓

__ 1.JPG__ 1.JPG
これはこれで駅前らしくていいですね~。フェニックスが観光客を“ようこそ~”と迎えてくれてます。
ただなんとなく前時代的ではありますが…


そしてこれが現在の大分駅前↓

__ 3.JPG__ 3.JPG
なんもねえで!!(訳:何もないよ)しいて言うなら、何もなくなったせいかロータリーが、ロ~~~~タリ~~~~くらいになっちょった(わかる?)。

でも実際、駅前から臨む大分いちばんの繁華街(であるはずの場所)が、すっかり寂れてるからなあ…
いっそ開き直って「ありのままのアタシを見て!」なとこが大分らしくていいかも。「この何もなさが大分市街なのっ」



__ 2.JPG__ 2.JPG
こちらは“裏駅”と呼ばれていた南側の「上野の森口」。こっちのほうが前方に「いこいの道」なる広場が設けられていて、雰囲気がいいです。



__ 5.JPG__ 5.JPG
まだ建設中。来年3月くらいにグランドオープンで、シンボルタワーも隣接するそうです。


__ 3.JPG__ 3.JPG
ロッカーにかわいいキャラクターが。熊本の観光特急あそBOYのくろちゃんというキャラです。大分にヘルプに入ってくれたんやな…


__ 4.JPG__ 4.JPG
ホルトホールへと歩いていきます。


__ 1.JPG__ 1.JPG
これが大分の複合文化交流施設、ホルトホールだよ!
ホルトは大分市の木だよ!知らんかった!!



__ 2.JPG__ 2.JPG
一階にカフェが。ここではあの郷土スイーツ、「ざびえる」が焼き立てで食べられます。時間がなくて断念あせる

他にはメインの大ホールや各種会議室、プール、図書館など。


__ 3.JPG__ 3.JPG
ホールでの催しの一例です。渋すぎる。




__ 1.JPG__ 1.JPG
興味を引いたのがこの催し。「セラピストブース」や「癒しブース」などがあるんですね。


今回はこんなとこで、駅周辺だけの探索でした。お墓参りしたり祖母と話したり、放置しっぱなしの実家の様子をチェックしてたら時間がなくなってしまって…
またゆっくり来たいです。




__ 2.JPG__ 2.JPG
おまけ
祖母宅のペット、かめちゃん。30年生きてるのにすごい元気!

にほんブログ村 美容ブログ アロマサロンへ
にほんブログ村

おしらせ

__.JPG
わんわん「暑いねえ~…9月のサロンオープン日、アップしました」

アロマサロンかおりの樹HP→☆

みなさんは夏のバカンスの予定はありますか?
はなは、ありません(笑)

せいぜいお盆に大分へ家族と帰るくらいです。
大分駅周辺が再開発されてるようで、視察(?)に行ってきますニコニコ
でも、ま、大分やけんなあ…←期待薄にひひ


熱中症に気を付けてお過ごしください晴れ



にほんブログ村 美容ブログ アロマサロンへ
にほんブログ村

エビで鯛を…

__ 1.JPG__ 1.JPG
ある方に使い古したバッグを譲ったところ思いのほか喜んでいただいて、そのお礼にと。
アンテノールの水ようかん(で、いいのかな?)です。
これは八女抹茶味。ほろ苦くておいしかったですニコニコ


__ 2.JPG__ 2.JPG
続いてあんず。ゼリーの中に杏の果実が入っていました。
香りがよかったです。



__ 3.JPG__ 3.JPG
これは白あずき…だったかな?上品な白あんの甘さでした。

和菓子って日本の暑い夏にぴったりで、よく考えられてますね~。
味といい食感といい…
水ようかんや寒天、葛、わらび餅などは、冷たさを閉じ込める性質がありますね。
和菓子の良さに目覚めた今年の夏ですにひひ


そしてタイトル、そのまんまです。
わらしべ長者の気分…あせる
おいしくいただきましたクローバー



にほんブログ村 美容ブログ アロマサロンへ
にほんブログ村

なかよし?

__ 2.JPG__ 2.JPG
ハムちゃん(謎の北海道みやげ)とコロちゃん。二匹のなれそめ→☆
わんわん「かわいくって食べちゃいた~いドキドキあむ☆」



__ 3.JPG__ 3.JPG
ハム「おい犬…調子に乗んなよ」
わんわん「す、スミマセン!」


やっぱりまだぎこちない二匹でした(笑)



にほんブログ村 美容ブログ アロマサロンへ
にほんブログ村
プロフィール

松 利花

Author:松 利花
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。