スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発表会

今日はピアノの発表会でした。
いつもの音楽教室ではなく、はなが個人で教えている生徒のぶんです。
こちらも音楽教室同様、(生徒の入れ替わりはあったけど)10年毎年参加し続けてきました。個人教室で生徒数が少ない先生たちが集まって参加できる発表会です。

同じくピアノの先生になった大学のクラスメイトと、この発表会でばったり再会することもありました。
今日は、昔勤めていた教室の同期と十数年ぶりに再会。時間がない中、お互いのその後についておしゃべりできた楽しいひとときでした。

私は幸いなことに真面目な友人に恵まれています。仕事に対してプロ意識が高いという意味での真面目です。
前出の彼女らの仕事を見ていると、言葉はなくともシンパシーを感じます。そこはきちんとするよね、ってとこが同じなんです。


__.JPG
毎回同じメンバーとは限らないこの発表会、いろんなタイプの人がいます。
価値観ってほんと様々だな~と、見てて思います。

発表会に出すなら、
お客さんに自分の演奏を聴いてもらうとはどういうことか
家や教室の慣れた場所と本番のホールでの演奏は何が違うのか
他の教室の人たちと一緒に参加するから、どういうことに気をつけなければいけないか

このくらいのことは教えておいたほうがいいでしょう。
私は子どもの頃、自分が先生からこれらのことを習ってきたので、発表会が特別な場であることがわかっていました。


今日見ていて感じたのは、その特別な日と日常の差がなくなってきているということです。
ホール内の雰囲気もピアノの発表会というより、遊園地のヒーローショー特設ステージ前というか…汗

出演者も、ステージに走り出てきて演奏が終わると走り去っていくとか…ガーン(担当の先生はレッスンでおじぎの練習させんのやろうか…)
“いち演奏者”ではなく、“小さい子ども”で済ませちゃうのがすごく奇異に映りました。
きちんとした生徒さんもいるから、余計悪目立ちするんですよねあせる


一歩広い世界に出た時、笑われるのはその生徒です。
お月謝頂いてレッスンしているなら、先生としてきちんと教えなきゃ…


でもこれは私の考え方であって、そうは思わない先生もいるわけで。
だから愚痴を言ってもしょうがないですね。
いっしょに仕事をするわけでもなし、深く考えるのはやめにします。




えっ、肝心のはなの生徒はどうだったかって?

とてもよかったですよ!!グッド!キラキラ
(結局私も親バカにひひ)←親じゃない、先生バカ?汗



にほんブログ村 美容ブログ アロマサロンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

松 利花

Author:松 利花
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。