FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZEN

きのうの続き。具体的に何を読んでるのかという…


__.JPG
この3冊です。


左:「困ったときの良寛さん」松本市壽・著 三笠書房

著者は40年間出版社に勤務し、退職後20年間良寛研究を中心とした編集に携わったそうです(この文庫本が2009年2月に第1刷発行となっていますが、2009年に亡くなられたんですね)。
江戸時代後期、新潟の町名主の家に生まれながら出家した良寛。その生き方から、「困ったとき、良寛さんならどうするか」という視点でヒントを学ぶつくりになっています。
良寛の残した漢詩や和歌からの引用が現代語訳でわかりやすいです。手軽に読めて良寛さんに親しみがわく一冊。


中:「心がまぁーるくなる禅のおはなし」高田明和・著 KKベストセラーズ

著者は浜松医科大学名誉教授。生理学、血液学、脳科学の分野に加え心の病や禅についての著書を多く書かれています。
名僧に愛されてきた公案集「無門関」全四十八則を、現代人の悩み相談を用いてひとつずつ具体的に解釈。悩み別に公案を探せる目次や、出てくる僧の解説やつながりがわかる略譜も付いていて、とても親切な本です。


右:「寂しさや不安を癒す 人生のくすり箱」枡野俊明・著 KADOKAWA

著者は住職であり、庭園デザイナーであり、多摩美術大の教授。禅の庭の創作活動で写真集なども出されています。
三冊の中ではこの本が一番新しく、今年の6月に出版されました。そういう意味でも、最も“今”の世相を反映した悩みに効く内容だと思います。




何がいいかなんてわからなかったので本屋で自分が興味をひかれる本を選んだんですが、三人三様全く異なった経歴の著者というところが面白いですニコニコ



にほんブログ村 美容ブログ アロマサロンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

松 利花

Author:松 利花
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。