スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不思議に思うこと

今日の内容は、意見が分かれるところに踏み込んでます。
でも、これは間違いだ!とか、アロマはこうあるべきだ!と主張するつもりは全くありません。
ただ普段からひっかかってたことをつづっただけです。これに対してご意見を必要ともしていませんので、あしからずドキドキ不快に思う方はどうぞブラウザバックしてください走る人
(と、予防線を張っておく)



今、日本には多くのアロマテラピー団体がありますが、はなはその中でAEAJ(日本アロマ環境協会)のアロマテラピーを勉強しました。
最初は検定1級から始まり、アロマテラピーインストラクターとアロマセラピストの資格まで。
これらは国家資格ではなく、民間資格です。
ここでは、現在の日本におけるアロマテラピーとアロマセラピストの立ち位置も学びました。

アロマテラピー先進国のフランスでは、精油を医師の処方のもと内服する療法もあるそうです(いわゆるメディカルアロマです)。
日本でアロマテラピーというと主にイギリス式を指し(正確にはアロマセラピーと呼ぶべきでしょうか)、こちらはトリートメントでリラクゼーションを目的とした自然療法です。
何となくふたつの違い、おわかりいただけますか?


精油は、植物の成分が100倍ちかく濃縮されたものです。精油にはさまざまな薬理作用があり、ホルモン様の働きをしたり、血圧に影響するものもあります。一歩間違えると体に変調をきたすものも。そのため、体に使用する際はまず濃度に気を付けないといけません。
AEAJでは1%濃度が基準とされ、計算式は必ず試験に出るほどです。つまり安全性を重視しているのです。



ここからが気になる点なんですが、日本でも特に医師の指示なく“飲んでも大丈夫”な高品質の精油を個人で入手して経口摂取するケースがあるようです。
全て自己責任です。とはいえ、もし何か異状があっても後悔しませんか?
病院に行って原因を聞かれたら、何と答えますか?

場合によっては、あの人に大丈夫と言われたから…ってなりませんか?
消費者の立場としてでなく、アロマを提供する側としては安易に勧めるのは躊躇します。
精油を売る側が、「うちの精油はメディカルレベルで飲めるほど高品質だけど、必ずしも飲用をおすすめしません」としているのを、「この精油、飲んでも問題ないんだって!」と受け取っているケースもあるのではないかと不安になります。


__ 1.JPG__ 1.JPG
わんわん「不安になるの?」


はなが気になるのは、精油を飲む人たちの「フランスじゃ精油の経口摂取なんてもう当たり前のことだし、ちょっとなら大丈夫だよ。日本のアロマは慎重すぎ」という理屈です。
言葉にすると簡単だけど、フランスで処方してるのはたくさん勉強して、臨床経験を積んだ医師なんですよね汗その人たちと同じ勉強をして資格を持ってる人が言うならいいと思います。(例えば病院でお医者さんがメディカルアロマを取り入れているとか)
それに実際のメディカルアロマの普及率もいかほどか、フランスに住んだことがないので私にはわかりません。

個人的に、たとえ少量でも日常的に飲むのは胃壁を傷つけそうで…(はなは胃が若干弱い)。そもそも精油っておいしそうですか?汗
ハーブティーじゃだめ?←即効性はありませんがゆっくり体内を巡って効果が得られます
どうしても飲みたいならハーブチンキ(エタノールではなく蒸留酒で漬けたもの)を薄めて飲むという方法もあるけど…



アロマセラピストはドクターではなくセラピストなので、クライアントの安全に対して慎重になるのは当然です。クライアントの身体について、お医者さんほどの知識はないのですから。
もちろん解剖生理学をはじめとする諸々の勉強はしますが、トリートメントを行う上で必要な知識としてです。
セラピストがクライアントを診断すると医師法に抵触することと、精油は雑貨として扱われるということからアロマは医療ではないという線引きがなされています。



__ 2.JPG__ 2.JPG
でれ~ん…わんわん「もう誰も読んでね~よ…」

はなは、もともと香りが好きでした。いい香りを嗅ぐと幸せな気持ちになれます。肩こり持ちなので、アロマトリートメントをしてもらうと至福のひとときを味わうことができます。
私にとってのアロマテラピーはまさにこれでした。イギリス式の、香りを楽しむアロマセラピー。AEAJはイギリス式です。
ですから、うちのサロンにいらしたお客様に提供できるのは、医療行為ではなくリラクゼーションということになります。

(余談ですが、AEAJやその他のアロマ関連の団体で学べるインストラクターやセラピスト等の知識は、プロのアロマセラピストにとって“基本のキ”だと思っています。ここが出発点で、これらの勉強すらしていない人がいくらアロマセラピーを説いたところで、眉唾だというある程度の判断基準になるのではないでしょうか)




さて、日本にもフランス式アロマテラピー(メディカルアロマ)を学べるスクールはすでにあり、そちらに精通したセラピストさんもいます。また、医療の分野に正しくアロマを応用する活動をしている団体もあります。
私自身、セラピストを長く続けていけばいずれはメディカルアロマも勉強する必要が出てくると思っています。
まだまだ知らないことがたくさんあるし、実は興味があるんです。難しそうだけどあせる


長々と書き連ねてしまった…
ほら、ワタシ、根がマジメだから(笑)
ヒマなやつだと鼻で笑ってやってくださいにひひ
ここまで読んでくださってありがとうございました。


__.JPG
わんわん「ふん…(鼻で笑う)」
にほんブログ村 美容ブログ アロマサロンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

松 利花

Author:松 利花
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。